住宅ローン審査甘い銀行に申し込む?

いくら貯金をしている人がいるとしても、さすがに一括で住宅を購入するという人はあまりいないのではないかと思います。
親が資産家であれば、住宅ローン審査甘い銀行を見つけて親から借金をするということで一括で支払うということも可能ですが、資産家の親をもつ人はそうはいないということですし、たいていは住宅ローンを利用して、銀行からお金を融資してもらって、その借入に対して、銀行へ返済をしていくという形で、住宅を購入することになると思うのです。
これから私は、住宅ローンの申し込み方法にはどのような方法があって、どれが一番良いと思われるのかということについてお話ししていきます。
住宅ローンというのは、住宅を購入しようとしている人に対して、銀行などの金融機関が購入資金の何割かを融資して、そして銀行などにたいして返済をしていくということですから、かなりの長期間にわたって返済するという覚悟がないと、住宅ローン審査甘い銀行でないと申し込みはしにくいわけです。
ですから、そういう覚悟を決めた人に対しては基本的には銀行は事前審査で不適格とすることはないのでしょうが、やはりそこはビジネスでもありますので、自分の思い通りに融資が行なわれるとは限りません。
そこで、出来る限り事前審査でも自分の思い通りの結果に近い融資が行なわれるような、住宅ローン通りやすい銀行への申し込みの仕方について、さまざまな情報にあたった結果、分かったことがあります。
それについて、以下に述べていきます。
実は、住宅購入というのは不動産会社を通して行うことが大半ですから、不動産購入手続きのうち、細かいことは不動産会社が行なうようになるわけです。
ですから、ここが重要なのですが、その不動産会社と提携している銀行などの金融機関であれば、住宅ローン審査通りやすい銀行に不動産会社が申請する事前審査は、かなり自分の思った通りの融資が行なわれる可能性が高くなるということになるわけなのです。
もちろん、不動産会社と提携している金融機関ではなくて、いつも自分が預金などでお世話になっていて気にいっている銀行に、不動産会社の方から事前審査を申請するということも可能ではあるのですが、提携していない不動産会社からの申請ですから、おのずとかなりの厳しい審査になるわけでして、いくら口座をもっていたとしても、あまり審査結果には影響しないといわれているのです。
以上のことを踏まえ、私が良いと思う、住宅ローンの申し込み方法は、購入物件を管理する不動産会社が提携している金融機関の住宅ローン審査が通りやすい銀行に申し込むということなのです。

住宅ローン借りやすい銀行ってある?

住宅ローン審査通りやすい銀行は?審査甘いところ【基準ゆるい?】