自営業の住宅ローン審査が甘い銀行はどこ?

将来、自の家を持つ。

というのは憧れるものです。

しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

なので、すぐに支払いをする。

という事は、かなり難しいです。

じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行や信用金庫といったところでしょう。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、担当者に全て任せる。

という方法もあります。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される自営業の方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるかこれをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行ではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

住宅購入する際、支払いを1回で済ませる。

この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

多くの自営業の方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

周りで借金を返している人の話を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。

数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。

支払いをしている間は、金利状況も気にしつつまた、何が起こるかわからないのが人生ですから途中でけがをするかもしれませんし、病気にかかるかもしれません。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。

住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすることによって、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。

ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。

少しでも負担を減らすために家を売る方法もありますが、査定金額よりもローンの方が大きくなってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。

これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい自営業の方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。自営業でも審査に通りやすい住宅ローンはあるのです。

参考:自営業でも住宅ローン審査が通りやすい銀行は?【個人事業主おすすめ】

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり景気によって金額が変わることも有り得ます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという自営業の方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい自営業の方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている自営業の方で親族に援助してもらいながら返済していく自営業の方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、10%の税金を支払わなければなりません。

ですのでそれよりも安い金額であれば申告する必要はありません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

自営業者の住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

審査を通過しないと自営業者の住宅ローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

だいたい、安くても数十万~数百万単位の現金が必要となるでしょう。

 

自営業の住宅ローン審査に通るには?

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ審査が少し変わっています。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もありとはいえ、年収や勤続年数などは住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。

という所を重点的に見る。

という点です。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行から薦められる事はありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

今後、新築を購入する計画を立てている方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか知りたい自営業の方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

そろそろ自分の家が欲しいと思ったとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

それにパスが出来ないと次の段階には行けません。

重要な判断材料は仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

かつ、過去に使用したことがあるカードローンの事も厳しくチェックする所はチェックされますので今後本当に家の購入を検討しているのであれば無謀な使い自営業の方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

どうしても決められないという自営業の方はアドバイザーの意見を聞いて、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

殆どの場合、FPの資格を持っている仲介者が多いためプロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

マイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローンです。

申し込み方法は、銀行または信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。

大事な点は職業・勤続年数・年収などが主になります。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も判断されるので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申し込みをされると良いでしょう。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう自営業の方は数少ないですよね。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。