住宅ローンはどこで借りる?おすすめは?

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?とても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みは可能です。

だけども、どの場合でも審査があり申込者全員が通る。

という甘いものではない事を心しておくと良いです。

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ審査が少し変わっています。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もありまた、それに加えフラット35の審査特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金繰りの事ではないでしょうか。

全体的に、銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。

この保険は、申請者に何かあった場合借金が0円になる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても慎重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

原則として、決められた期間で申し込むのですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

今の収入や生活状況をしっかり把握した上で、負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったらその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

このような場合に備えて、抑えておくと安心です。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかこの理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、選べずにいるという方がとても多いのです。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、たいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた…なんて方は意外と少なくないのです。そんな風に審査に地震gなない場合には住宅ローンはどこで借りるのがいいのでしょうか?

参考:住宅ローンはどこで借りるのがいい?お得な銀行の選び方【失敗しないコツ】

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。

あくまでも新築や中古物件を購入するためにあるので、他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

それで、購入する物件のある程度の価格がいくらなのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

万が一、こうした違反が発覚してしまった場合これを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、今後、後悔のない選択をしていきましょう。

 

住宅ローンの審査でおすすめの銀行は?

家を購入する際、資金調達で誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込み法は手軽にでき自宅近くの銀行などでも受付可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

または、不動産屋から紹介される金融機関にする方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年に渡って控除を受けられます。

こちらは年末調整では受付できませんので確定申告で申告しなければいけません。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がそのようなメリットとデメリットを比較してから住宅ローンをどこで借りるのがいいのかを考えるのです。

その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

マイホームの購入を考えていらっしゃる方は多いと思います。

購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査の合否は約1週間前後かかります。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。

自分の家になるまでには3.4カ月の時間がかかります。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い知らないと損するかもしれない、そんな銀行を案内致します。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

自宅購入の資金は、現金一括で。

という方はまず、一般的には少ないでしょう。

たいがいは、住宅ローンという借金をして購入します。

周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くと毎月の支払を指摘する人が圧倒的です。

数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。

支払いをしている間は、金利状況も気にしつつまた、何が起こるかわからないのが人生ですからけがや病気をするかもしれません。

ですから、色々なリスクを考えて購入を考えることをお勧めします。